不動産ニュース / 開発・分譲

2022/8/1

台東区で2棟のアパホテル開業

「アパホテル<上野駅南>」外観

 アパホテル(株)は、7月28日に「アパホテル<上野駅南>」(東京都台東区、総客室数291室)を開業。29日に「アパホテル<浅草橋駅前>」(東京都台東区、総客室数180室)をリブランドオープンした。

 台東区13棟目となる「アパホテル<上野駅南>」は、都営大江戸線「上野御徒町」駅徒歩2分に立地。鉄骨造地上15階建て。客室は、スタンダードルーム288室、デラックスツインルーム3室で構成する。宿泊料金は、スタンダードルーム1人利用で9,000円(サービス料・税込み)~。
 最新の客室設備として、照明スイッチ、空調リモコン、コンセント、USBポート、HDMI端子等を集約させた枕元集中コントローラーに、一括消灯可能な「おやすみスイッチ(GOOD NIGHTスイッチ)」を搭載。シーリング照明に代わり、明るさ・省エネ・意匠性を追求した高効率オリジナルLEDライン照明も導入した。

 台東区14棟目となる「アパホテル<浅草橋駅前>」は、JR総武線「浅草橋」駅、都営地下鉄浅草橋線「浅草橋」駅徒歩2分に立地。鉄骨造地上13階建て。客室は、スタンダードルーム166室、スーペリアダブルルーム12室、ユニバーサルダブルルーム1室、ツインルーム1室で構成する。宿泊料金は、スタンダードルーム1人利用で9,000円(サービス料・税込み)~。
 50型大型液晶テレビやシーリングライトを設置したほか、ヘッドボードにコンセントを増設する等、アパホテル仕様の客室へと変更。共用部も1階フロントに装飾鏡、シャンデリアを増設するなど、リニューアルを行なった。

 台東区における運営物件は、2物件を含め14棟3,320室。今後は、上野エリアで1棟、浅草エリアで2棟の開業を予定している。

「アパホテル<浅草橋駅前>」外観

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。