不動産ニュース / 仲介・管理

2022/8/5

サ高住内に「駄菓子屋」で地域交流

 「銀木犀」ブランドでサービス付き高齢者向け住宅等を運営する(株)シルバーウッド(千葉県浦安市、代表取締役:下河原 忠道氏)は、サ高住を積極的に地域に開放し、入居する高齢者の社会参加意識を醸成しようと取り組んでいる。

 ほぼすべての運営物件の共用部の一部に「駄菓子屋」スペースを設置。入居者に店番をしてもらうことで、放課後に来店する近所の子供たちと交流の場を醸成。施設内の食堂もレストランとして開放し、子供の保護者達がコミュニティを形成する場としても活用してもらっている。また入居者は、「駄菓子屋」で店番のほか、職員に同行して駄菓子の卸問屋に仕入れにも行く。普段店番をしている入居者が売れ筋の菓子を職員にアドバイスするなどといったことも多く、社会の役に立っているという感覚を入居者も実感しているという。また、駄菓子屋の設置や食堂の開放などを通じて地域住民が気軽にサ高住に入館できるようにしていることにより、地域住民に対する高齢者住宅や介護に関する情報発信にもつながった。

 地域住民との交流をためらうサ高住は多い。しかし下河原氏は「地域との日常的な交流がなければ、住宅内では『職員と入居者』だけの狭い人間関係が構築され、ひずみが生まれてしまう。ここに『地域の目』が加わることでサ高住の日々の業務を見てもらうことができます」と地域開放の理由を話す。

 詳細は、(株)不動産流通研究所が発行する「月刊不動産流通2022年9月号」の特集を参照。同特集では、昨年制度開始10年を迎えたサ高住の現状についてデータを活用しながら説明すると共に、既存の団地を活用した「分散型」サ高住や多様な施設との一体開発など、事業者の取り組みを紹介している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。