不動産ニュース / IT・情報サービス

2022/8/10

RET、カオスマップを更新。優勝劣敗顕著に

今回のカオスマップでは15分野・430サービスを紹介

 (一社)不動産テック協会(RET)は8日、国内の不動産テックサービスの市場規模を示した「不動産テックカオスマップ(第8版)」を公表した。

 同マップは、先進的なテクノロジーを活用したビジネス・サービスや、ITやビッグデータを活用することで新たな価値・ビジネスモデルを生み出しているビジネス・サービス等を収集、分野ごとにまとめて掲載したもの。2017年6月の第1版公表から、ほぼ1年ごとにアップデートを行ない、新たなサービスの掲載と休止・廃止されたサービスの削除を行なってきた。

 今回公表した第8版では、従来「仲介」「管理」の2分野しかなかった「業務支援」ツールを、「集客」「顧客対応」「契約決済」「管理アフター」「設計施工」と、ビジネスプロセスに即した形に分類し直した。また、不動産メディアについては、単純な集客・送客サイトについては削除した。

 その結果、掲載数は430件となり第7版から16件減少した。コロナ禍により「VR・AR」カテゴリーが伸長したほか「スペースシェアリング」「クラウドファンディング」が大きく伸びた。その他のカテゴリーについては、軒並み減少している。

 同日開催した発表イベントで講演した同協会代表理事・巻口成憲氏は、不動産テックの現況について「コロナ禍を受けて、VRやARといった非対面サービスは最も成長した。逆に、ローンチしたはいいが実績が伴っていないサービスについては淘汰が始まっている」としたほか「不動産業とテック企業との融合が始まった。大手企業の参入により競争が激化し、事業者の入れ替わりが増えている」などと分析した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。