不動産ニュース / 開発・分譲

2022/9/5

埼玉県上尾市にマルチテナント型物流施設

「GLP 上尾」外観イメージ

 日本GLPは1日、マルチテナント型施設「GLP 上尾」(埼玉県上尾市)の起工式を開催した。

 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「桶川加納IC」より約7.5km、東北自動車道「岩槻IC」から約10.5km、首都高速道路「与野IC」より約11.0km、JR高崎線「上尾」駅から約1.2km(徒歩約15分)に位置する、横浜ゴム上尾配送センターの跡地に建設する。敷地面積約4万6,000平方メートル、延床面積約10万5,000平方メートル、プレキャストコンクリート造地上5階建て。投資総額は約230億円。

 1階を配送・運送会社、小売り・卸業などのラストワンマイルの拠点、2・3階を医薬品・医療機器、マスターリース会社などのECや流通加工、4・5階をメーカー、中小3PLなどの在庫拠点を想定した空間に整備する。各階を4分割プランとして、最小区画面積は約4,000平方メートル、最大区画面積約9万平方メートルとし、ニーズに応じてフレキシブルに対応。4・5階に二層使いが可能な片車路形式のダブルランプウェイ、輸配送能力向上をサポートする両面バースなどを採用する。

 “Co, well-being”を開発コンセプトとし、施設でのワーカーと地域住民の健康に寄与する施設として、緑・自然を利用したバイオフィリックデザイン(人間が先天的に持つ「自然を好む性質=バイオフィリア(biophilia)」を設計に適用したデザイン)を採用。また、敷地内の緑地を一部パークエリアとして開放し、緑豊かな遊歩道やベンチを設置した休憩スペースを設置する。環境への配慮として、自家消費型の太陽光パネルを設置することを検討している。LEEDゴールドとZEB Readyの認証を取得する予定。

 竣工は2024年3月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。