不動産ニュース / IT・情報サービス

2022/10/18

阪急阪神不、マンション購入者向けアプリを導入

入居者専用アプリ「geo life support」の画面

 阪急阪神不動産(株)は、10月以降に関西圏で引き渡しを開始する分譲マンション「ジオ」において、入居者専用アプリ「geo life support(ジオライフサポート)」を導入する。

 購入者との接点の質を向上できるよう、マンション管理会社(株)阪急阪神ハウジングサポートと連携して、同アプリの検討を進めてきた。

 ジオの購入者で、同社の会員組織「阪急阪神オーナーズクラブ」への加入者が対象。管理会社やアフターサービス等の各種問い合わせ、取扱説明書や管理規約等の複数の資料の参照、マンション内の掲示板の内容や管理会社からの連絡事項の参照などがアプリから可能となる。

 今後も、顧客満足度向上に向けて機能を拡充していく予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。