不動産ニュース / IT・情報サービス

2022/10/18

赤羽のモデル住戸で生活モニタリングの実証実験

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は17日、旧赤羽台団地エリア(東京都北区)内にある登録有形文化財の保存住棟で、IoT・AI等を活用したモデル住戸4戸を整備したと発表した。

 2018年から行なっている東洋大学情報連携学部との共同研究の一環。生活可能なモデル住戸で実際に生活体験を行ない、データ取得・分析(生活モニタリング)による実証実験を実施。IoTやAIを活用したUR賃貸住宅への新たなサービスへつなげる。

 「カスタマイズモデル」2戸と「ベーシックモデル」2戸の異なる2つのモデルを整備した。「カスタマイズモデル」は、住まい手に合わせ内装やスマート技術を実装したモデルという位置付け。高齢者夫婦・若年ファミリーを入居ターゲットに想定。スマート置き配スペースや可動家具を実装。照明、エアコン、スマートロック等の様々な設備をAPI連携で制御することができる。

 一方「ベーシックモデル」は、一般的な UR賃貸住宅にスマート技術を取り入れたモデルという位置付け。壮年パートナー(DINKS)や若年単身者を入居者に想定している。

 12月5~23日にかけ、企業や行政・学校関係者に公開。23年1月中旬から一般公開を予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。