不動産ニュース / その他

2022/11/15

芝浦工業大のキャンパスを居抜きでオフィスへ

「芝浦工大ビル」外観

  シービーアールイー(株)はこのほど、学校法人芝浦工業大学が保有する、東京都港区の「芝浦工大ビル」(芝浦キャンパス)のオフィスへの転用や仲介をサポートした。教育機関による大規模な保有不動産の有効活用案件は、同社にとって初の事例。

 敷地面積2,624.00平方メートル、延床面積1万2,491.62平方メートル、鉄骨鉄筋コンクリート造一部鉄骨造・鉄筋コンクリート造地上8階地下1階建て。

 2021年11月に同ビルのオフィス転用に関するサポート業務(企画アドバイザリー、コンストラクションマネジメント、リーシングマネジメント)を受託し、22年4月に媒介契約を締結していた。

 オフィス転用にあたっては、工事や用途変更、賃貸物件としての賃料設定に関してアドバイスを実施。コスト・スケジュール・品質の厳格な管理のもと、収益最大化を目指した。また、環境、景観、防災からなるまちづくりガイドラインに基づき管理されたエリア「芝浦ルネサイトまちづくり連絡会」のA街区に位置していたため、隣地のB街区・C街区関係者との事前協議を実施。さまざまな関係法令を確認し、行政協議を重ね、まちづくりガイドラインも加味した上でオフィス化を実現した。

 同ビルは、居抜きで1棟貸しすることがすでに決まっている。10月1日に内装工事がスタート。23年2月末に入居予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。