不動産ニュース / 開発・分譲

2022/11/22

大阪吹田で自社初のZEH分譲戸建て/阪急阪神不

「ジオガーデン吹田千里山」イメージ

 阪急阪神不動産(株)は22日、分譲戸建住宅シリーズ「ジオガーデン」初のZEHとなる「ジオガーデン吹田千里山」(大阪府吹田市、総戸数23戸)の分譲を発表した。

 同社は新築分譲マンション「ジオ」シリーズ、および新築賃貸マンション「ジオエンド」シリーズについて、2024年度以降販売するすべての物件をZEH-M Oriented以上とするとしていた。「ジオガーデン」についても、25年度以降に販売する物件のうち50%以上をZEHもしくはNearly ZEHとし、30年度には原則全物件をZEHとする。また、今年10月1日に認定基準が高レベルに改正された「新基準の長期優良住宅」の要件も標準仕様とし、認定を取得していく方針を示した。

 ZEH対応の「ジオガーデン」初弾となる同物件は、阪急千里線「千里山」駅より徒歩16~17分。敷地面積は約100~145平方メートル。木造ツーバイフォー工法2階建て。間取りは3LDK~4LDK、延床面積は約97~116平方メートル。太陽光パネルの設置やLED照明、アルミ樹脂複合サッシの採用などにより、省エネ性能の向上を図ると共に、再生可能エネルギーと合わせて一次エネルギーの消費量を削減する。また吹き抜けや大型ロフト付きの住戸など、多様な住戸を用意する。

 23年春より順次完成予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。