不動産ニュース / その他

2022/11/25

D&Iにも配慮した新オフィス/コリアーズ

D&Iに配慮し、車いすの人でも使いやすいよう引き戸のミーティングルームも用意

 事業用不動産に関するサービスや投資運用事業を手掛けるコリアーズ・インターナショナル・ジャパン(株)は28日のオフィス移転を前に、マスコミに千代田区丸の内の新オフィスを公開した。

 ビジネスの伸長と事業の拡大により、約1年で従業員が2倍以上に増加。執務スペースの拡大と理想的なワークスペースの実現に向け、千代田区の日比谷国際ビルから拡張移転する。

 新オフィスは東京・丸の内、二重橋ビルの18階で、面積は約846平方メートル。ビジネスの起点となる“場”をデザインすることをグランドコンセプトに設定。
 エントランスには、クライアントとのミーティングスペースを配置。D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)に配慮し、ミーティングスペースのドアは車いすの人が楽に入室でき、さらに室内での方向転換も容易にできる面積を確保している。引き戸の部屋も1室用意したほか、立ち話などのコミュニケーションを誘発するスタンディングテーブルも、低めのものを設置した。

 皇居がのぞめるカフェでは、眺望を楽しんでもらうと共に、リラックスしたコミュニケーションを誘発する。またオフィススペースの窓際にも椅子を用意するなど、ワーカーが眺望を楽しめるよう工夫したレイアウトとしている。

 フリーアドレスのオープンオフィスには、モニタを多数設置。さらに26%のデスクを上下昇降タイプとし、立つ・座るの作業によりウェルネスに配慮すると共に、スタンディングで仕事することにより、通りを行き来する人と目線が合いコミュニケーションが活性化する効果も期待する。電話やオンラインミーティングの時用の個室ブースや、集中作業に適したブースも用意した。

 同社マネージングディレクター兼会長の小笠原 行洋氏は、「コロナ禍でテレワークを推進してきたが、この仕事は、クライアントとのフェイストゥフェイスのコミュニケーションが不可欠でもあり、より一層の成長のために新オフィスへの移転を決断した。弊社が目指すオフィスのあり方を、クライアントにも伝えていきたい」と語った。

皇居の豊かな緑と開けた眺望を楽しめるカフェ
フリーアドレスのオフィスのデスクは、約26%を上下昇降タイプのものに

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。