不動産ニュース / その他

2022/11/28

アジア・オセアニアでコアOEファンド運用開始

 三菱地所(株)は28日、アジア・オセアニアでコアオープンエンドファンドの運用を開始したと発表した。

 同社は、2017年にアジア・オセアニア地域にて投資マネジメント事業を手掛けるPan Asia Realty Advisors(シンガポール)を立ち上げ、21年にMec Global Partners Asiaと改称。機関投資家への投資マネジメントサービスを提供してきた。同社においてこのほど、コアオープンエンドファンドの組成・運用を開始した。日系企業の関係会社である不動産ファンド運用会社がアジア・オセアニア地域の不動産を投資対象とするオープンエンドファンドの運用を開始するのは初。

 豪州、シンガポール、日本などの主要都市のオフィス、商業、住宅、物流などの安定稼働資産を中心に投資していく。運用開始時の総資産は約7.8億ドル(1ドル=140円で約1,090億円)。

 なお、コアオープンエンドファンドの「コア」とは、不動産賃貸からの安定的なインカム獲得を主な目的として運用されること、「オープンエンド」とは、投資家の請求による払い戻しができることを指している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産ファンド

投資家から資金を集めて運用し、その収益を出資額に応じて配分する仕組みのなかで、不動産投資を主とするものをいう。投資に係るリスクとリターンはすべて投資家に帰属する。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!