不動産ニュース / リフォーム

2022/12/13

山口県の築50年の団地を再生

「ビレッジハウス小野田第二」外観イメージ

 ビレッジハウス・マネジメント(株)は、山口県山陽小野田市にある築50年の団地の一部住戸をリノベーションし、「ビレッジハウス小野田第二」として再生。4日より入居者募集を開始した。

 同団地は、保育園や学校、病院、スーパー等がある生活利便性の高いエリアに立地。地域での住み替え需要や近隣大学に通う学生の住宅需要の高まりに応え、「ビレッジハウス小野田」(2018年1月入居募集開始)に続き、「同第ニ」3棟120戸のうち40戸を新たにリノベーションした。

 間取りは1LDK、専有面積は33.51平方メートル。3万5,000円~3万8,000円と安価な賃料設定を実現した。各住戸にはワークスペースを設置。そのほかキッチンカウンター、エアコン、シャンプードレッサー、モニターホン、温水洗浄便座等も完備している。インターネット回線も無料で提供。電気・ガス・インターネット回線等のライフライン契約手続き代行サービスも提供することで、入居時の負担を軽減する。

 内装のリノベーションに合わせて外装工事も実施。竣工は23年2月の予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。