不動産ニュース / リフォーム

2022/12/20

西馬込にテニスコートとカフェ併設の賃貸住宅

リニューアル後の外観

 (株)レテ(東京都大田区、代表取締役:河原弥生氏)は20日、会員制テニスクラブ「レテ テニスクラブ」(東京都大田区)のリニューアルオープンに先立ち、報道陣向け内覧会を開催した。

 同社は、フィットネスクラブやテニススクールの運営を行なう会社。新築した建物の敷地は、河原氏の実家の屋敷があった場所で、併設してテニスクラブを運営していた。先代(河原氏の父親)が亡くなった後もテニスクラブを継続したいとの思いから、さらなる集客力を上げるため、カフェと賃貸マンションを併設した複合施設へとリニューアルした。

 都営地下鉄浅草線「西馬込」駅徒歩5分に立地。敷地面積1,269平方メートル、鉄筋コンクリート造3階建て。建築面積594.46平方メートル。延床面積1,328.41平方メートル。

 1階は、クラブハウスやテニス関連のショップのほか、カフェ「カフェドレテ」を開設。1~3階が、賃貸マンション「リラドエテ」(総戸数17戸)。間取りは1LDK~2LDK。専有面積は48~53.87平方メートル。賃料は17万5,000円~21万6,000円。DINKSと幼い子供がいるファミリーをターゲットとして想定している。すでに多くの内見希望を受けているという。

 テニスコートは、雨に強いオムニコート3面とハードコート2面を用意。1階にはクラブハウスやフランスのブランド「テクニファイバー」の商品を扱うテニスショップを設置している。

 内覧会で河原氏は「旧家の庭を残したくて、植栽などそのまま生かしている。地域の人々も利用できるカフェを設けて、賃貸マンションだけでなく、テニスクラブや庭を一体にした空間にしている」などと話した。

 リニューアルオープンは2023年1月4日。

庭は、旧家の植栽を生かしている

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リノベーション

新築を除く住宅の増築、改装・改修、模様替え、設備の取替えや新設などの改造工事を総称してリノベーションという。リフォーム、リモデルなどとも。既存建物の耐震補強工事もリノベーションの一種である。

続きはR.E.wordsへ

動画でチラ見!

月刊不動産流通2023年12月号

雑誌の詳細はこちらから

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地場の事業者が語り合う
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/1

「海外トピックス」更新しました。

老朽化した公共施設の一時利用進む【フランス】」配信しました。
近年のフランスでは、公共施設の老朽化に伴う再開発が活発です。ただ、建設を始めるまでには時間を要します。その間、建物を無駄にしておくのはもったいないと、住宅やイベント会場などさまざまな用途で有効活用する取り組みが増えつつあります。