不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2023/1/25

増収増益/毎日コムネット23年5月期2Q

 (株)毎日コムネットは25日、2023年5月期第2四半期決算説明会を開催した。

 当期(22年6月1日~11月30日)は、売上高113億5,500万円(前年同期比50.6%増)、営業利益8億6,400万円(同185.9%増)、経常利益8億7,800万円(同221.4%増)、当期純利益5億8,800万円(同213.8%増)。不動産ソリューション事業が堅調に推移、売上高が大幅に増加したこと等により、増収増益となった。

 不動産ソリューション事業では、不動産デベロップメント部門において、3物件の売却が完了。新規開発用の土地4物件も取得した。売上高は99億8,890万円(同47.8%増)、セグメント利益は12億1,568万円(同44.4%増)。
 学生生活ソリューション事業については、コロナ禍の影響から回復の兆しがみられ、課外活動ソリューション部門で計画を大きく上回った。人材ソリューション部門では、子会社の(株)ワークス・ジャパンが設立以来初の営業黒字化を達成。売上高13億6,668万円(同74.4%増)、セグメント利益6,827万円(前年同期:セグメント損失1億6,630万円)を計上した。

 説明会では、同社代表取締役社長の小野田 博幸氏が、23年5月期計画の進捗状況について説明。不動産ソリューション事業では、「不動産マネジメント部門の需要は引き続き堅調。18年連続で入居率100%を目指す。今期は学生寮6棟・408戸が新規オープンする。年々、管理戸数は順調に拡大しており、今期は1万1,793戸となる予定」と話した。23年春にオープンする予定の「カレッジコート信州大学前」(長野県松本市、総戸数75戸)は、同社開発で初となるZEH-M Oriented認定物件。
 学生生活ソリューション事業については、コロナ禍の影響は続くとしながらも、「今夏の繁忙期は、コロナ前水準の3割強まで回復する見込み」と述べ、人事・採用部門のDX化が加速していることに触れ、「ワークス・ジャパンが提供する採用選考管理システム等の提供により、人事DX化の推進をサポートしていく」とした。

 今期から実施している働き方改革については、「現行の休日に加え、新たに『3日間連続休日』を追加した。1日当たりの所定労働時間を15分短縮し、年間総労働時間の約85時間短縮も目指す」と言及。また、12月度より給与のベースアップを実施しており、全社員平均で4.49%のベースアップを達成している。

 通期は、売上高204億円、営業利益18億1,500万円、経常利益17億5,000万円、当期純利益11億5,000万円を見込む。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

DX

情報通信技術やデータを活用して、事業の内容や進め方を抜本的に変革すること。英語のdigital transformationの略。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。