不動産ニュース / 仲介・管理

2023/3/13

UR、賃貸住宅でのIoT機器活用へ実証実験

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は10日、IoT機器を活用した住まい方に対応できるUR賃貸住宅の供給を目的に、IoT機器を設置するための住宅仕様やあらかじめ設置すべきIoT機器の検証を行なう実証実験を、2023年度に行なうと発表した。

 UR賃貸住宅として運用している住戸を実証実験用のモデル住戸とする。実証実験では、配線・コンセント・機器設置スペースなどIoT機器を設置する際に必要な設備やネット環境の強化などの住宅仕様と、エアコンや照明、スマートロックやスマートスピーカーなどあらかじめ設置すべきIoT機器について検証する。

 モデル住戸の整備にあたっては、UR都市機構と民間企業とが連携してIoTやAIを活用した生活環境を研究する「Open Smart UR」に参加する企業・団体から機器提供や意見を募る。また、IoT機器の利用状況やIoT機器の課題を調査するため、モデル住戸の居住者も募集する。

 実証実験で得られた知見は、今後のIoTやAI等のオープンな技術連携やサービス連携へとつなげていく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IoTマンション

IoT技術を活用して住宅設備を制御することのできるマンション。インターネットを介して各種の設備を遠隔で操作できる。インターネットによって操作できる設備には、例えば、鍵(スマートロック)、ドアや窓の開閉センサー、防犯カメラ(ネットワークカメラ)、室温コントロール装置などがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。