不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/3/17

国内不動産私募ファンドの市場規模は29.7兆円

 (一社)不動産証券化協会(ARES)は17日、(株)三井住友トラスト基礎研究所と共同で行なった「不動産私募ファンドに関する実態調査」の結果を発表した。今回で35回目、ARESが調査に参画してから2回目の調査となる。

 調査は2023年1~2月(22年末基準)、国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社を対象にアンケート調査および公表資料等の文献調査、ヒアリングを行なった。回答社数は71社。

 22年12月末時点での不動産私募ファンド(私募REIT含む)の市場規模を運用資産額ベースでみると、29兆7,000億円(前回調査比12.4%増)と推計。JREITの市場規模21兆8,000億円を大きく上回った。国内特化型が21兆8,000億円(同10.6%増)、私募REITが5兆円(同2.0%増)、グローバル型が2兆9,000億円(同45.0%増)となった。アフターコロナを見据えた日本経済の正常化期待に加え、金利上昇の続く欧米と比べて安定して高いイールドギャップを維持していることから、グローバルファンドによる国内投資がより一層進んだと分析している。

 エクイティ投資家の投資意欲について聞いたところ、「変化はない」という回答が89%(同14ポイント増)と大半を占め、あらためて堅調な投資意欲が確認できた。ただ一方で、前回前々回の調査では回答がなかった「低くなってきている」という回答が5%となるなど、少数ながら不動産マーケットの悪化懸念を持つ投資家が出てきていることが示された。

 国内・海外の投資家に対して、プロパティタイプ別の投資額の状況を聞いたところ、国内投資家は「住宅」と「物流」で他のプロパティタイプよりも「増加」「やや増加」の回答割合が多くなった。増加・やや増加を合わせた回答比率は、「住宅」は41%(同15ポイント減)、「物流」は37%(同6ポイント減)となった。一方、海外投資家も「住宅」「物流」が高い回答比率を示した。しかし、国内では投資意欲が高いとは言えなかった「ホテル」が増加・やや増加を合わせて38%(同2ポイント減)となり、高い投資意欲が見られた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

私募ファンド

投資家から資金を募って運用する事業のなかで、資金を募る対象者が狭く限定されているものをいう。また「プライベートファンド」ということもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。