不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/20

長野県初、Park-PFIで複合施設

「STARRACE KOMORO」外観

 リノベる(株)、(株)CONTE一級建築士事務所は20日、長野県小諸市の飯綱山公園敷地内で、複合施設「STARRACE KOMORO(スタラス小諸)」を竣工。同日開業した。

 長野県で初めて「公募設置管理制度(Park-PFI)」を活用し、市内で農業・ワイン造り等を行なう(株)Greve.tが「飯綱山公園官民連携魅力向上事業」の事業者認定を受け、整備した施設。JR北陸新幹線「軽井沢」駅より車で約30分、「佐久平」駅より約20分、JR・しなの鉄道「小諸」駅より約10分に位置。Greve.tが事業計画の立案、全体統括、CONTEが設計・監理統括、基本計画・設計、リノベるが基本計画・設計支援、実施・内装設計等を担当した。

 コンセプトは「農業で人と人とつなぎ、ふれあいを生み出す」。小諸高原美術館に続く大階段の中腹にレストラン棟を、階下にワイナリー・ショップ棟をそれぞれ整備し、1次産業から3次産業までの体験・見学の提供、公園利用者と地域住民との交流機会の創出を図る。レストラン棟は敷地面積約1,721平方メートル、延床面積304平方メートル、木造平屋建て。ワイナリー・ショップ棟は敷地面積約2,508平方メートル、延床面積約600平方メートル、鉄骨造平屋建て。

 施工に当たっては「資材の地産地消」を掲げ、工事中に採掘された石を屋外テーブルやベンチに再利用したほか、Greve.tが運営するブドウ畑の土をワイナリー・ショップ棟のエントランスの左官材として活用した。

 リノベる都市創造本部本部長の西郷俊彦氏は、「オープン後も、地域を巻き込んだイベントの提案など、運営面での価値作りに積極的に参加していきたい」とコメントした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。