不動産ニュース / 政策・制度

2023/3/24

「不動産の社会的インパクト」実践へ手引き作成

 国土交通省は24日、「社会的インパクト不動産」の実践ガイダンスを公表した。

 2021年の不動産へのESG投資の規模が約12兆円に拡大するなど、ESG投資が拡大する中、企業等が不動産の中長期的で適切なマネジメントを通じてさまざまな課題解決に取り組むことで、社会的なインパクト(変化・効果)を創出すると共に、社会の価値創造への貢献、不動産の価値向上等を図ることが期待されている。同省ではこのような不動産を「社会的インパクト不動産」と定義。9回にわたる検討会を通じて、実践に向けたポイントをまとめた。

 不動産が社会的価値向上に資するという認識がまだ一般的ではなく、「企業等と投資家・金融機関の対話」と「企業等と利活用者・地域社会等との対話」が不可欠であり、それぞれにおいて社会的インパクト不動産の意義や効果に関する共通理解を醸成する必要があると指摘した上で、ガイダンスを作成。

ガイダンスでは、不動産にかかる社会課題・取り組みを整理し、4段階14課題52項目に類型化。その不動産および取り組みの設定や評価の内容、社会的インパクトの実現向けたロジックモデルの例を示している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ESG投資原則

投資に当たって、環境(environment)、社会(social)、企業統治(governance)に配慮している企業を重視・選別する原則。投資先の評価において、財務指標のみでなく、環境、社会、企業...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。