不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/28

東建、自由が丘駅徒歩2分で22年ぶりマンション

「ブリリア自由が丘」完成予想図

 東京建物(株)が、2022年12月から販売している分譲マンション「ブリリア自由が丘」(東京都世田谷区、総戸数61戸(ほか店舗1戸))が高い評価を得ている。首都圏屈指の人気エリア「自由が丘」、駅徒歩2分では22年ぶりの分譲マンションという希少性、九品仏川緑道至近のロケーション、ZEH-M仕様等が相まって、すでに49戸に成約・申し込みが入った。

 同物件は、東急東横線他「自由が丘」駅徒歩2分に立地する、鉄筋コンクリート造地上7階建ての分譲マンション。竣工は24年4月。建設地は、同駅南口の商業ゾーンを抜け、九品仏川緑道を超えた先の東南角地。東京建物不動産販売(株)所有の賃貸マンション跡地で、同社との等価交換により取得。東建不販はマンション1階の店舗を取得した。商業立地ながら地区計画で21mの高さ規制があり、高層階の日照が保証される。

 住戸は2階以上。1K~4LDK、専有面積約32~135平方メートル。高層階が大型住戸、中層階のファミリー向け住戸、低層階がコンパクト住戸中心の構成。建物はZEH‐M Oriented仕様。天井高2,400mm、食洗器、ディスポーザー、カップボード、タイル張り廊下などが標準。床暖房はリビング・ダイニングと主寝室が標準で、メニュープランでリビング隣接の洋室を取り込んだ場合、拡大部分まででが対象となる。また、西北側に東横線が走るため、一部を樹脂サッシによる二重窓としている。

 22年6月にホームページをオープンしエントリー受け付けを開始。これまでのエントリー数は4,200件に達した。9月中旬にモデルルームをオープンし、現在までの来場者数は500組。コンパクト住戸10戸を除いた50戸を販売し、49戸が成約・申し込み済み。坪単価は、700万円台前半から中盤。先着順販売中の2戸は、88平方メートルの3LDKと135平方メートルの4LDKで、前者が2億1,998万円、後者が3億7,498万円。

 自由が丘駅徒歩2分というロケーションへの評価が圧倒的で、シニア夫婦、DINKSを中心に幅広い層から人気を集めており、セカンド・投資目的のユーザーも約4割。また、光熱費高騰を背景にZEH仕様への評価も増えているという。

モデルルーム

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。