不動産ニュース / 開発・分譲

2023/3/28

世田谷の複合再開発がまちびらき

 第一生命保険(株)、丸紅都市開発(株)、相互住宅(株)、NTT都市開発(株)、野村不動産(株)の5社は27日、25日に「SETAGAYA Qs-GARDEN(世田谷キューズガーデン)」(東京都世田谷区)のまちびらきを行なったと発表した。

 京王線「仙川」駅徒歩10分、同「千歳烏山」駅徒歩15分、第一生命保険が保有していた約9haの敷地に、多世代集合住宅、地域スポーツ施設、地域コミュニティ施設等を建設するまちづくりプロジェクト。「地域の人々のwell-beingを高めるまち~多世代の住民が安心して、豊かに交流しながら、健康的に暮らし続けられるまち~」をコンセプトとしている。

 多世代集合住宅は、ファミリー向け分譲マンション「グランスイート世田谷仙川」(総戸数72戸、事業者:丸紅都市開発、相互住宅)、学生レジデンス「ウエリスアイビー世田谷仙川」(総戸数163戸、同:NTT都市開発)、健康増進型・賃貸シニアレジデンス「オウカス世田谷仙川」(総戸数186戸、同:野村不動産)からなる。地域スポーツ施設には、ランニングコースやテニスコート、野球場を設置。歴史的建築物を再生し、レンタルスペース、無人コンビニエンス、キッチン付きワークルームを併設した地域コミュニティ施設等を配した。

 25日に実施したまちびらきイベントを皮切りに、今後も地域住民のウェルビーイング向上のためのイベントを定期的に実施していく予定。

「SETAGAYA Qs-GARDEN」全体図

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。