不動産ニュース / 仲介・管理

2023/3/28

大阪に初の「グランドプリンスホテル」

リブランド後のイメージ

 (株)西武・プリンスホテルズワールドワイドは28日、星野リゾート・リート投資法人が保有するホテル(大阪市住之江区)の運営受託契約を締結した。

 同ホテルは、ニュートラム南港ポートタウン線「中ふ頭」駅徒歩3分に立地する、地上28階建て総客室数480室(延床面積約8万197平方メートル)。4つのレストラン、カフェ、宴会場17室などを有する。現在「ハイアットリージェンシー大阪」として運営されている。西武プリンスホテルズが運営を受託後リブランドを行ない、大阪市内初の「グランドプリンスホテル」ブランドを冠し、2023年7月にオープンする。

 同社は22年11月に宿泊特化型のホテル「プリンス スマート イン 大阪淀屋橋」を開業している。25年の万博開催を控える大阪への進出で、アセットライト事業展開によるホテル規模拡大への足掛かりとする。

 また、大阪府・大阪市は国際会議や展示会などMICEの誘致促進にも注力していることから、これまで全国各地で培ってきたMICE提案力を活かし、大阪にフルサービス型のホテルブランド「グランドプリンスホテル」を出店することで、大阪のMICE戦略の成長、大阪の観光業発展に寄与していく方針。

 なお、正式なホテル名称は未定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。