不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2023/3/31

リブラン、新社長に専務取締役の渡邊裕介氏

新社長となる渡邊裕介氏

 (株)リブランは31日、代表取締役社長に現専務取締役の渡邊裕介氏が就任すると発表した。現社長の鈴木雄二氏は代表取締役会長に就く。4月1日付。

 渡邊氏は、1979年埼玉県出身。2002年拓殖大学卒業後、(株)遊楽に入社。不動産仲介会社等で勤務した後、05年3月にリブランに入社。19年4月取締役、20年4月常務取締役、21年4月より現職。

 就任にあたり渡邊氏は「『ミュージション』については、音楽家にとどまらず、ゲーマーや動画配信系にも対応する商品ラインナップを展開し、新たな顧客を開拓したい。大阪や名古屋、福岡、仙台といった地方都市にも進出し、管理戸数1,000戸の達成を目指す」などと抱負を語った。

 目指す会社像については、「社員との双方向コミュニケーションを活性化させ、スピード感をもって仕事に取り組む組織としたい。社員とともに目標を設定し、確認しながら業務を進めていくことが重要。コミュニケーションをスムーズにすることが、業務のスピードアップにつながる」とし「自由に発言できる環境では、コミュニケーションも活発になる。社員が気持ち良く働ける場をつくり、さまざまなことに臆することなく挑戦できる人材を育てていきたい」と話した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。