不動産ニュース / 政策・制度

2023/4/19

まちづくりと連携した駐車場施策ガイドラインを改訂

  国土交通省は18日、「まちづくりと連携した駐車場施策ガイドライン」を改訂し、第2版をとりまとめたと発表した。

 「居心地がよく歩きたくなる」まちなかの創出による魅力的なまちづくりの推進が求められていることや、都内物流における荷捌き車両への対応、観光地における渋滞対策、さまざまなモビリティの駐車環境整備等、駐車場施策を取り巻く課題が多様化していることを受けて改訂した。

 「駐車場施策に関する現状と課題」、「まちづくりと連携した駐車場施策の基本的考え方」「まちづくりと連携した駐車場施策の検討のポイント」「まちづくりと連携した駐車場施策の進め方」「政策課題に対応した駐車場施策」の5つの項目でとりまとめ、地域特性に応じたマネジメントの検討方法や公民連携したアプローチの事例、DX・GX等への対応等も紹介している。

 ガイドラインは、同省のホームページで閲覧できる。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

駐車場整備地区

自動車交通の混雑解消のために都市計画で定められる地区。地域地区の一つで、地区内で駐車施設の付置が義務づけられる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。