不動産ニュース / その他

2023/4/19

小規模な市街地再編のための手引きを策定/国交省

 国土交通省は18日、「柔らかい区画整理の手引き」を策定した。

 基盤整備が進んだ市街地では、点在する空き地・空き家への対策など、人口減少・高齢社会に適応したまちづくりを進めることが課題となっている。また、社会情勢の変化やライフスタイルの多様化に対応するため、公と民が連携しまちの価値と持続可能性を高める取り組みが求められている。

 そうした中、既成概念にとらわれずに土地区画整理事業を柔軟に活用して市街地の再整備を進める「柔らかい区画整理」が効果的との考えから、同手引きを策定。「小規模な土地区画整理事業で活用しやすい手法」および「小規模な区画の再編・活用例」を紹介している。

 具体的には2023年に創設された「都市再生区画整理事業地域生活拠点形成タイプ」といった支援制度や、諸規模な土地区画整理事業を連鎖的に実施しコミュニティを維持した事例等を紹介。

 同省は、既成市街地における低未領地の活用等を目指す行政・実務者・地権者な等の取り組みでの活用されることを期待している。

 手引きは同省ウェブサイトより入手可能。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。