不動産ニュース / 団体・グループ

2023/5/18

ビル協連、CNに向けた行動計画を策定

 (一社)日本ビルヂング協会連合会は15日、「オフィスビル分野におけるカーボンニュートラル行動計画」を策定・公表した。2050年カーボンニュートラルの実現に向け、30年までの新たな数値目標を盛り込んだもの。

 同計画では、「バランスのとれた環境マネジメント」「テナントとの協働」「従前からの省エネを超えた取り組み」を基本方針として重点実施事項をまとめた。重点事項は、(1)運用時、(2)建設改修時の取り組み。(1)では、エネルギー消費量の見える化や、BEMS等における適切なエネルギー管理、再生エネルギーの利用拡大などについて盛り込んだ。また、(2)については高効率設備機器の導入やZEB認証の積極取得、地域冷暖房やエネルギー融通をはじめとした地域エネルギーネットワークの構築について言及している。さらにその他の取り組みとして、中高層ビルの木造・木質化など木材利用の促進や普及啓発についての方針を示した。

 CO2排出量削減に関しては、30年度までに会員企業が所有・管理するオフィスビル全体で単位面積当たり13年度に比べて64%削減を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。