不動産ニュース / 開発・分譲

2023/5/19

エネルギー事業の拡大目指す/ミラース

 MIRARTHホールディングス(株)は19日、2023年3月期決算(連結)の説明会を開催した。

 当期(22年4月1日~23年3月31日)は、売上高1,534億7,200万円(前期比5.7%減)、営業利益70億3,000万円(同40.8%減)、経常利益50億3,300万円(同50.9%減)、当期純利益45億8,400万円(同26.2%減)の減収減益。

 不動産事業は、新築分譲マンション1,861戸(同31戸増)を引き渡し、売上高761億1,000万円(同10.4%増)、売上総利益167億2,400万円(同15.3%増)と共に増加。流動化は自社開発レジデンスの売却等により売上総利益が67億7,000万円(同29.2%増)と向上。新築戸建分譲では189戸(同9戸増)を引き渡し、売上高100億4,100万円(同16.5%増)、売上総利益13億2,800万円(同4.6%増)と共に増加した。不動産管理は管理戸数が7万2,603戸(同3,268戸増)と伸長。これらの結果、セグメント売上高は1,391億1,000万円(同11.9%増)、営業利益79億600万円(同3.2%増)となった。

 エネルギー事業では、今後の成長を見据え、タカラレーベン・インフラ投資法人に対して公開買付を実施し、発電施設の保有による安定収益確保の方針へと転換。当初想定していた発電施設の売却を取り止めたことで、セグメント売上高は90億4,500万円(同73.6%減)、営業損益9億5,600万円となった。

 アセットマネジメント事業は、タカラレーベン・インフラ投資法人の発電施設取得に伴う取得報酬の反動減で、セグメント売上高10億9,600万円(同16.6%減)、営業利益3億2,200万円(同45.7%減)と減収減益。

 次期は、新築分譲マンション2,200戸、新築戸建分譲240戸を販売。管理戸数は7万7,000戸への増加を見込む。エネルギー事業は売電収入によるストックビジネスへの転換を加速。アセットマネジメント事業では運用資産規模の拡大を図る。これらの結果、業績は売上高1,887億1,000万円、営業利益137億円、経常利益127億円、当期純利益85億円を計画する。

 今後の成長戦略について、同社代表取締役の島田和一氏は「コア事業である不動産事業を安定成長させつつ、ストックビジネスかつ成長事業であるエネルギー事業の拡大を図る。23年3月期時点の営業利益は不動産事業が95%を占めているが、27年3月期には不動産事業60%・エネルギー事業25%、30年3月期には不動産事業50%・エネルギー事業30%と、徐々に比率を伸ばしていき、新たな主軸事業へと成長させていきたい」等と語った。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。