不動産ニュース / その他

2023/5/23

東急不HD、ESG債発行で200億円調達

 東急不動産ホールディングス(株)は23日、「COCONO SUSUKINO」(札幌市中央区)への投資を資金使途とするグリーンボンド(第29回無担保社債)と、「九段会館テラス」(東京都千代田区)への投資を資金使途とするサステナビリティボンド(第30回無担保社債)を発行すると発表した。

 調達金額はそれぞれ100億円。発行年限は「COCONO」が5年、「九段会館」が10年。発行時期はともに6月1日。全額を対象施設の設備資金にかかるリファイナンス資金として充当する。

 「COCONO SUSUKINO」は、日本有数の繁華街であるすすきのの新たなランドマークとして今秋開業予定の複合施設。東急ホテルズ&リゾーツ(株)によるライフスタイルホテルや、シネコン、食品スーパー、アミューズメント施設といった機能を組み込んでいる。「すすきの交差点」に立地する商業施設「ススキノラフィラ」跡地の再開発。敷地面積約5,157平方メートル、延床面積約5万3,038平方メートル、地上18階地下2階建て。

 「九段会館テラス」は、2022年10月に開業したオフィス・商業の複合施設。登録有形文化財の旧九段会館の一部を保存しながら建て替えたプロジェクトで、最新テクノロジーの活用や企業の健康経営といったニーズを反映させている。東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線「九段下」駅徒歩1分に立地。敷地面積約8,765平方メートル、延床面積約6万8,036平方メートル、鉄骨造(CFT造)・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造地上17階地下3階建て。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。