不動産ニュース / 団体・グループ

2023/5/31

プレ協、会員のDXへの取り組みの共有図る

「会員各社が進めるDXの取り組みを共有化することで、人材不足等の課題解決につなげる」と話す堀内会長

 (一社)プレハブ建築協会は31日、如水会館(東京都千代田区)で総会を開き、2022年度の決算、事業報告を承認。総会後の記者会見で、23年度以降の活動内容等について説明した。

 今後の活動として、カーボンニュートラルの実現と住宅市場の回復につなげる取り組みの促進を掲げた。低層賃貸住宅を中心に、ZEHや長期優良住宅の供給増を図る。耐震や省エネ性能等に優れた良質なストック形成に向けて、「既存住宅のリフォーム、流通促進、建て替えを進めていく」(同協会会長・堀内容介氏)とした。時代のニーズに対応できる人材を育成するための教育事業にも取り組む。

 災害対策としては、応急仮設住宅や災害公営住宅の建設で大きな役割を果たすため、全都道府県との連携の一層の強化を図る。新たな技術を活用しながら、災害発生時にスピード感のある対応ができる体制を整えるとした。

 なお、同年1月に60周年を迎えたことを機に協会行動憲章を改定したことを発表。「DXへの取り組み」を柱になるテーマに加えた。AI・IoT等の新たなデジタル技術を活用した業務プロセスの変革によって住生活産業の持続的発展を目指す。堀内氏は「会員各社で、オンライン商談や電子契約の導入、建物調査でのドローン活用、設計でのBIMの採用といった取り組みが進んでいる。これらの取り組みをとりまとめ、共有することで、働き方改革や生産性の向上等につなげたい」と話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。