不動産ニュース / 開発・分譲

2023/6/5

物流施設開発に参入。初弾を厚木で竣工/中央日土地

物流施設「LOGIWITH(ロジウィズ)厚木」

 中央日本土地建物(株)は2日、物流施設開発事業の初弾物件「LOGIWITH(ロジウィズ)厚木」(神奈川県厚木市)を竣工した。

 圏央道「相模原愛川」ICから3.2km、神奈川県内陸工業団地の中心部に位置。同エリアは中津原台地の上に位置し、洪水・浸水・液状化リスクが低くBCPの観点から安全性が高い。また、神奈川中央交通「中二丁目」バス停から徒歩1分と通勤利便性にも優れる。

 敷地面積約1万3,124平方メートル。鉄骨造鉄骨鉄筋コンクリート造地上5階建て、延床面積約2万6,708平方メートル。1フロア5,000平方メートル超で、梁下は5.5mを確保した。1平方メートル当たりの耐荷重は1.5t。各フロア、2区画まで分割可能とする。

 同社は同物件より、物流施設開発事業に本格参入。現在、愛知県一宮市、東京都八王子市において物流施設の開発を進めており、また、千葉県習志野市、神奈川県綾瀬市でも物流施設用地を取得済み。今後、開発を加速していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

事業継続計画(BCP)

事業組織が脅威にさらされた場合に、その影響を予防・軽減し、事態の回復を図るための計画をいう。 危機管理手法の一つで、BCP(Business Continuity Planning)と略称される。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。