不動産ニュース / 開発・分譲

2023/6/5

庫内作業の大半を自動化。設備を他荷主と共同利用も

ピッキングを機械化し業務を効率化。天井近くまで保管スペースとして利用できるようになり倉庫キャパシティの向上も実現

 三井不動産(株)は5日、「三井不動産ロジスティクスパーク船橋III」(千葉県船橋市)内の「EC自動化物流センター」をマスコミに公開した。

 同センターは、マテリアルハンドリング、倉庫管理システム、オペレーションをセットで導入し、倉庫内の大半の作業を自動化した施設。同社のECサイト「&mall」の物流拠点として活用しており、今回出庫等の様子を公開した。

 3次元ピッキングシステム「Skypod」を採用。人力でピッキングする場合、商品を収納する棚は高さ180cmくらいまでに限られるが、機械化により天井近くまで保管スペースにできるようになり、スペースの有効活用を実現。ピッキング、製函、梱包、ラベリングの機器の導入により、梱包までのほとんどの作業を自動化させている。

 この取り組みにより、1日当たり最大出荷キャパシティは2倍以上となり、庫内作業の人件費は2割削減できたという。

 また同社では、バース予約システム「Hacobu」により、荷待ち時間の短縮も実現。今後はこうした自動化設備やオペレーションを、他の荷主にシェアリングでの活用を提案していく。テナントの物流自動化や共同配送での積載率の向上、さらには2024年問題の解決につなげていく考え。

 説明に当たった同社ロジスティクス本部ロジスティクス事業部長兼イノベーション推進室長の大間知俊彦氏は、「一般的には物流業界の問題と考えられているが、この課題の解決には、荷主、物流企業、ソリューション提供会社の連携が不可欠。そこで、ディベロッパーの当社がハブとなり、連携を推進して解決を進めていく」と述べた。

3次元ピッキングシステムの採用で、搬送工数の削減に加え、高さを活用した効率保管も実現
中の荷物に応じて最適な大きさに仕上げる自動製函機機と自動梱包機により、梱包作業を自動化

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。