不動産ニュース / 開発・分譲

2023/6/5

米国フロリダの賃貸住宅開発PJに参画/NTTUD

 NTT都市開発(株)は5日、米国フロリダ州オーランド近郊のキシミー市において、賃貸住宅開発プロジェクト(総戸数312戸)に参画すると発表した。同社によるフロリダ州での住宅開発案件は初めて。

 開発予定地は、市のまちづくりにおける「Central Medical District(医療機関集積区)」と呼ばれる街区に位置。賃貸住宅が少ないことから、周辺で働く人々への良質な住宅の提供が市の課題となっているエリア。

 木造地上4階建てで、物件名は「310 Beaumont Avenue」。貸床面積は約2万7,000平方メートル、住戸の平均面積は約87平方メートル。

 アフターコロナのニーズを捉え、開発する物件の共用部にはコワーキングスペース、アウトドアテラスを設置。屋外にはプールやドッグパーク、近年米国で人気が拡大しているピックルボールコートを備える計画としている。

 着工は2023年3月、竣工は25年度の予定。

外観イメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コワーキングスペース

属性の異なる人々が共同で利用し、相互に交流することのできる仕事場。英語のcoworking space。業務のための場所を共有するだけでなく、利用者間の交流が生まれるところに特徴がある。また、交流を促すための行事などが実施される場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。