不動産ニュース / 団体・グループ

2023/6/27

全宅連が総会、少子化対策・空き家問題に全力

「人口減少や空き家対策などの問題に組織を挙げて取り組んでいく」などと挨拶した坂本会長

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)および(公社)全国宅地建物取引業保証協会(全宅保証)は27日、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)で定時総会をオンラインと併用で開き、2022年度事業報告を行なったほか、23年度事業計画と収支予算について報告し、22年度決算を議決・承認した。

 総会の冒頭で挨拶した両協会会長の坂本 久氏は、「先日発表された将来の人口推計によると、38年には出生数が70万人を割り込み、今後50年で生産年齢人口が3,000万人減少するという予測がなされた。国会では、『異次元の少子化対策』が議論されているほか、空き家対策特別措置法も改正された。人口減少に歯止めをかけること、そして住宅の『終活』に対して、全宅連としても組織を挙げて取り組んでいきたい」などと述べた。

 23年度事業計画では、調査研究・情報提供事業として、各種政策提言活動のほか、住宅確保要配慮者の居住支援に関する調査研究、中小宅建事業者の経営基盤や役割に関する調査研究等を行なっていくこと等が盛り込まれた。具体的には、空き家対策のための宅地建物取引士の役割や権限の在り方、人口減少下での地域貢献の在り方について情報収集・調査研究を進めるほか、既存ストックの有効活用や良好な居住環境を備えた賃貸住宅の整備等についても提言活動を続けていく。業務支援では、全宅連策定書式等の充実を図るほか、DX支援に向けて電子契約システム「ハトサポサイン」の提供、物件流通システム「ハトサポBB」、ウェブによる法定講習システムなどを行なっていく。

 また、期末の会員数は主たる事務所9万1,160社(前期比126社増)・従たる事務所1万347社(同247社増)を合わせて10万1,507社(同373社増)となった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2024年1月号
十社十色の成功事例
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/5

月刊不動産流通2024年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通」2024年1月号、本日発売となりました!

今回は、毎年1月号の恒例企画、特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2024」を掲載。地元での認知度が高く、成長を続けている不動産事業者はどのような戦略で、どういった取り組みを行なっているのか…、全国各地10社を取材しました!「米軍人の住宅仲介に特化し、軍艦到着時には行列ができる事業者」や「風営法許可申請のサポート等、テナントが入居・退去する際に手厚いフォローを行なう事業者」、「社長出演の物件紹介動画で、内覧後の歩留まりを5割アップした事業者」など、各社それぞれのカラーで奮闘しています。