不動産ニュース / 仲介・管理

2023/8/28

新橋で民泊・サービスアパートメントの混合物件

「Tokyo Shimbashi 579」外観
「Tokyo Shimbashi 579」居室

 (株)長谷工ライブネットは28日、民泊とサービスアパートメントのハイブリットマンション「Tokyo Shimbashi 579」(東京都港区、総室数10室)を、8月1日にオープンしたと発表。

 同物件は、JR「新橋」駅より徒歩10分に立地。敷地面積97.81平方メートル、延床面積375.21平方メートル、鉄筋コンクリート造地上6階地下1階建て。住宅宿泊事業法の認定を受けて民泊として運営するもの。民泊は年間運営日数180日以内の制限があるため、サービスアパートメントとしても運営する。運営業務は(株)エアトリステイが担う。

 居室は「ホテルライク」「和テイスト」など全4タイプで、エアコン、プロジェクター、冷蔵庫、乾燥機付洗濯機、電子レンジ、掃除機、調理器具、食器等の各種設備・備品を用意する。多言語対応の無人チェックインシステム「KEY STATION」およびスマートロック「RemoteLOCK」を導入し、滞在者の利便性の高めている。

 需要変動のリスクに対応した安定的な不動産活用として、不動産オーナーへの提案メニューの一つとしていきたい考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。