不動産ニュース / 開発・分譲

2023/8/28

三井不レジ、シェアリング型賃貸マンションの新事業

「SOCO HAUS KORAKUEN」ラウンジ完成イメージ

 三井不動産レジデンシャル(株)は28日、都会の「身軽で豊かな暮らし」を実現する新たな賃貸マンション「SOCO HAUS(ソコハウス)」を展開すると発表した。

 都市部の家賃上昇を受け、賃料を抑えるために居住スペースや設備を狭小化する賃貸マンションが増えている。その結果、単身者向けのワンルーム住戸では間取りが画一化し、都会での暮らしの選択肢が少なくなっている。

 「SOCO HAUS」は、キッチンや使用頻度の少ない家具・家電を共用部に配置し、専有部で自由に使えるスペースを確保。共用部には多彩なスペースと高機能の家具・家電を導入し、生活利便性を高める。

 企画に当たって、同プロジェクトの想定顧客と嗜好性の近い社員モニターを対象に実証実験を実施。都内物件へ約1ヵ月間滞在してもらい、暮らしの課題・ニーズを調査した。

 初弾物件となる「SOCO HAUS KORAKUEN」(東京都文京区、総戸数76戸)は、東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」駅より徒歩9分に立地。敷地面積約755平方メートル、鉄骨鉄筋コンクリート造地上6階地下1階建て。同社の社員寮として活用していた建物を、単身女性向けの賃貸マンションへとリノベーションする。

 事前調査を基に、キッチンスタジオやライブラリー、シアタールーム、トレーニングルームなどさまざまな共用施設を用意。パーソナルトレーニング、ウォーターサーバー、シェアサイクル等のサービスも導入し、入居者それぞれの都会での豊かな暮らしをサポートする。

 竣工は2024年2月、入居開始は同年3月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。