不動産ニュース / 開発・分譲

2023/8/29

「品川」駅含む開発計画/京急電鉄、JR東

開発イメージ

 京浜急行電鉄(株)と東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)は29日、両者が事業主体となる品川駅街区地区の開発計画の概要を公表した。

 「品川」駅前の約3万3,500平方メートルで行なう開発。北街区、南街区(南-a・b)に分け、宿泊施設やオフィス、店舗等で構成する複合ビルを新設する。京浜急行本線連続立体交差事業で整備される京急「品川」駅の鉄道施設も建物内に配置する計画で、駅とまちをつなぐ一体的な都市基盤として東西・南北方向の歩行者ネットワークの整備を行なう他、国際交流拠点にふさわしい都市機能の導入も図る。

 北街区は、JR東日本を事業主体とする。敷地面積約1万4,700平方メートルで建物は地上28階地下3階建て、延床面積約16万5,000平方メートル。用途は事務所、店舗、駅施設等。工期は2025~30年度。

 南街区はいずれも京浜急行電鉄が手掛ける。南-a街区は敷地面積約1万7,300平方メートル。建物は地上28階地下2階建て、延床面積約20万1,000平方メートル。用途は事務所、店舗、宿泊施設、集会所、駅施設等。工期は25~36年度。南-b街区は、敷地面積約1,500平方メートル。地上9階建て地下1階建て、延床面積約8,300平方メートル。工期は30~32年度。

 計画地は駅と周辺地区との歩行者ネットワーク強化を図る「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン 2020」(東京都)や、個性ある周辺のまちをつなぐ「品川駅 えきまちガイドライン 創造編 2023」(品川駅えきまち調整部会)の計画地でもあることから、それぞれの計画と連携し、取り組みを進める。

 今後は、東京圏国家戦略特別区域の都市再生プロジェクトとして、内閣総理大臣による区域計画の認定に向け、東京都都市計画審議会や国家戦略特別区域会議等の手続きが進められる予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。