不動産ニュース / 開発・分譲

2023/9/12

「三田ガーデンヒルズ」、第2期事前案内会を開始

「三田ガーデンヒルズ」外観イメージ

 三井不動産レジデンシャル(株)、三菱地所レジデンス(株)は12日、分譲マンション「三田ガーデンヒルズ」(東京都港区、総戸数1,002戸)の第2期販売となる「WEST HILL棟」の事前案内会を、15日より開始すると発表した。

 「三田ガーデンヒルズ」は、東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅徒歩5~7分に立地。敷地面積約2万5,246平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階地下2階建て。専有面積29.34~376.50平方メートル、間取り1R~4LDK。太陽光発電設備や燃料電池の実装、全戸ZEH-Oriented取得など、環境に配慮した施策を実施している。

 今回販売する「WEST HILL棟」は、同物件では唯一の8階建て。住戸は、専有面積約56~182平方メートル。一部住戸に大型テラス(平均面積約49平方メートル)や大型ルーフバルコニー(平均面積約44平方メートル)を設置するなど、多彩な住戸プランを用意する。

 同棟では、新たに2つの「自然調和型プラン」を提案。「カーボンニュートラルデザインプラン」は通風上効果的な箇所への「スライドドア」の設置、各サッシへの「オーニング」や「ブラインド」の導入、外気温による温度変化を低減する中間領域「サーマルコンフォートスペース」の採用等を通じて、断熱性・快適性を高め、一次エネルギー消費量削減率約53%を達成する。

 「バイオフィリックデザインプラン」では、三井不動産グループの第一園芸(株)と連携し、没入型自然体感スペース「グリーンポケット」や、自然映像が投影可能な「ダウンライト型プロジェクター」、太陽光の波長域が再現可能な「調光調色照明」など、自然を体感できるさまざまな仕掛けを導入。居住者の幸福度や生産効率の改善等に寄与する。

 販売開始は、2023年11月を予定。販売価格・戸数は未定。竣工は25年3月の予定。

「カーボンニュートラルデザインプラン」完成イメージ
「バイオフィリックデザインプラン」完成イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。