不動産ニュース / 政策・制度

2023/9/20

次世代住宅プロジェクト、4件を採択/国交省

 国土交通省はこのほど、令和5年度1回目の「次世代住宅プロジェクト2023(サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)および住まい環境整備モデル事業(次世代住宅整備モデル事業))」の採択事業者を決定した。

 住宅(住宅設備機器を含む)にIoT技術等を活用し、住宅や住生活の質の向上に資する取り組みテーマに該当する住宅・サービスに関して、実用化・市場化に向けた課題・効果などの実証を行なうプロジェクトを支援するもの。

 5月16日~6月23日まで公募した結果、先導タイプでは2事業者から5件、市場化タイプでは3事業者から3件の応募があった。

 学識経験者からなる評価委員会による評価結果を踏まえ、先導タイプは「次世代住宅におけるスマートホームアプリによる各種家電一括管理先導事業」(三菱地所(株))を採択。市場化タイプでは、「健康寿命延伸住宅」(芙蓉ディベロップメント(株))ほか2件を採択した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2024年1月号
十社十色の成功事例
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/12/5

月刊不動産流通2024年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通」2024年1月号、本日発売となりました!

今回は、毎年1月号の恒例企画、特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2024」を掲載。地元での認知度が高く、成長を続けている不動産事業者はどのような戦略で、どういった取り組みを行なっているのか…、全国各地10社を取材しました!「米軍人の住宅仲介に特化し、軍艦到着時には行列ができる事業者」や「風営法許可申請のサポート等、テナントが入居・退去する際に手厚いフォローを行なう事業者」、「社長出演の物件紹介動画で、内覧後の歩留まりを5割アップした事業者」など、各社それぞれのカラーで奮闘しています。