不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/9/27

都心5区のマンション賃料、全タイプで上昇

 (一財)日本不動産研究所は27日、「住宅マーケットインデックス2023年上期」の調査結果を発表した。アットホーム(株)と(株)ケン・コーポレーションが提供した賃貸・分譲マンション事例データを基に、東京23区の新築・既存(築10年)マンションを、大型(80平方メートル以上)・標準(40~80平方メートル未満)・小型(40平方メートル未満)に分け、賃料・価格等を集計・分析した。

 1平方メートル当たりのマンション賃料は、東京都心5区で新築が大型7,452円(前期比2.1%上昇)、標準5,257円(同1.4%上昇)、小型4,633円(同1.7%上昇)。既存は大型6,676円(同2.2%上昇)、標準4,810円(同1.5%上昇)、小型4,359円(同1.7%上昇)。新築および既存のすべてのタイプで上昇し、小型を除いたタイプが調査開始以来の最高値。小型タイプも20年上半期に次ぐ高い水準となった。

 東京23区では、新築が大型6,315円(同1.3%上昇)、標準3,681円(同0.4%上昇)、小型3,907円(同1.3%上昇)。既存は大型5,670円(同1.6%上昇)、標準3,407円(同0.6%上昇)、小型3,678円(同1.4%上昇)。東京23区も新築および既存のすべてのタイプで上昇し、調査開始以来の最高値となった。

 1平方メートル当たりのマンション価格は、都心5区で、新築が大型327万7,000円(同121.0%上昇)、標準210万円(同50.0%上昇)、小型180万1,000円(同0.8%上昇)。既存が大型184万2,000円(同8.5%上昇)、標準143万2,000円(同1.5%下落)、小型132万4,000円(同4.1%上昇)となった。新築の大型と標準タイプは前期比ともに大幅に上昇。サンプルの内、港区の割合がそれぞれ6.5割・3.4割となっており、平均単価が押し上げられたことが要因となっている。また、既存の標準タイプは前期より低下したが大型と小型タイプは共に上昇している。

 東京23区は、新築は大型が300万9,000円(同92.9%上昇)、標準140万円(同12.4%上昇)、小型145万7,000円(同9.0%上昇)。既存は大型116万5,000円(同5.2%下落)、標準101万5,000円(同0.6%下落)、小型110万8,000円(同7.3%上昇)だった。新築はすべてのタイプで前期比上昇した。既存の大型と標準タイプは低下したが、小型タイプは上昇している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。