不動産ニュース / 開発・分譲

2023/10/4

地所レジ、大阪にマンションの常設販売拠点

「三菱地所レジデンス大阪ギャラリー」エントランス(物件模型は、7日にモデルルームをオープンする「ザ・パークハウス大阪梅田)

 三菱地所レジデンス(株)は3日、7日にオープンする新築マンションの常設販売拠点「三菱地所レジデンス大阪ギャラリー」(大阪市北区)を報道陣に公開した。

 同社はここ数年、大阪市内でのマンション供給がほとんどなく、ブランド知名度・認知度も首都圏には及ばなかった。販売拠点を常設することで、大阪市内でのマンション供給を増やしていく。ブランド訴求の場としても活用し、大阪エリアにおける同社と「ザ・パークハウス」の認知度を向上させる。

 ギャラリーは、北区天満橋の「OAPタワー」2階と16階に設置。広さは約1,200平方メートル。2階には、ブランドコンセプトをイメージ映像でプレゼンテーションする「ブランドルーム」と、販売物件のプレゼンテーションシアターの2つのシアターを設置。16階には、モデルルーム2つ、プレゼンテーションルーム、インテリアコーディネイトルーム、商談ルームを設けている。

 プレゼンテーションルームは、モデルルームとは別に、デジタル模型やデジタルジオラマ、VRを使って物件内部や周辺環境等を説明し、物件の印象や理解を深めてもらう。インテリアコーディネイトルームは、無償セレクトの案内と、個別設計変更やドレスアップオプションの相談を行なうスペース。アイランドキッチンやカップボード、壁面収納などの実大モデルに加え、グループ会社のメック・デザイン・インターナショナルがインテリア商品を、カッシーナなどの高級家具メーカーがソファやダイニングセット等を設置。家具やインテリアサンプルは、定期的に入れ替える。

 同ギャラリーでは、7日のオープン時から「ザ・パークハウス大阪梅田」の販売を開始。続いて「(仮称)大阪市中央区博労町3丁目計画」(約200戸)の販売を行なう予定。

リビングをイメージしたインテリアコーディネイトルーム。高級家具ブランドとして知られるカッシーナ製の家具類でコーディネイト
インテリアコーディネイトルームには、写真や平面図ではイメージしづらいアイランドキッチン等を設置

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。