不動産ニュース / その他

2023/10/6

バーチャルPPAサービス契約を締結。不動産業では初

 プロロジスは2日、サッポロ不動産開発(株)とバーチャルPPA(Power Purchase Agreement:電力販売契約)サービスを締結した。不動産業におけるバーチャルPPA契約では国内初の事例だという。

 プロロジスが開発した物流施設「プロロジスパーク古河4」(以下、「古河4」)の屋根面に設置される太陽光発電設備を活用する。プロロジスはサッポロ不動産開発に「古河4」で設置した太陽光発電設備の発電量6MWのうち、日本の一般家庭900世帯分以上の電力に相当する4MW分の環境価値を提供する。提供開始は2024年11月からの予定。
 残りの2MWは、「古河4」で自家消費すると共に、余剰電力の自己託送を行なう。

 なおバーチャルPPAとは、PPAが発電事業者が電力の需要家に再生可能エネルギー電力を直接売却する契約形態を指すのに対し、電力とその環境価値を切り離して、別個に流通させる形態をいう。

スキーム図(今回の取り組みでは、発電事業者がプロロジス、需要家がサッポロ不動産開発)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。