不動産ニュース / 政策・制度

2023/11/29

気候風土適応型のサステナブル住宅モデルを3件採択

 国土交通省は28日、令和5年度「サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)」の第2回提案募集の結果を発表した。

 伝統的な住文化を継承しつつ、環境負荷の低減を図るモデル的な住宅の建設で、先導的な技術の普及啓発に寄与する事業を「気候風土適応型プロジェクト」として支援している。採択されたプロジェクトに対して、国が建設工事費の一部を支援する。

 今回は7月24日~9月1日まで公募を行なった。その結果、採択されたのは、「くまもと型伝統構法の家」(建設地:熊本県、申請者:すまい塾古川設計室(有))、「氷川のつながる家」(埼玉県、(有)綾部工務店)、「北名古屋の家」(愛知県、一級建築士事務所丹羽明人アトリエ)の3件。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

伝統工法

第二次大戦以前から行なわれてきた日本古来の工法のこと。現代では、この伝統工法による木造住宅は極めて少なくなりつつある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。