不動産ニュース / リフォーム

2023/12/1

東京・西麻布の築34年の住戸をリノベ

3階住戸のLDK。39.2畳という広い空間を創出している

 明豊エンタープライズグループの(株)明豊プロパティーズは、4日から「西麻布ヒルズ」(東京都港区)内の住戸(2戸)のリーシングを開始する。

 同物件は、東京メトロ日比谷線「六本木」駅から徒歩9分、同「広尾」駅から徒歩13分などと交通利便性が高く、周囲には住宅が立ち並ぶ閑静な住宅地に立地する。鉄筋コンクリート造地上3階建てで、1989年築。1階は店舗で、2~3階には従前の所有者が居住していたが、オーナーチェンジに伴い、オーナーが同社に物件の再生について相談。グループ企業の建設会社である(株)協栄組(東京都世田谷区、代表取締役社長:五十嵐一洋氏)、商業空間デザイン等を手掛ける(株)エイジ(東京都渋谷区、代表者:佐藤一郎氏)でプロジェクトチームを組み、フルリノベーションを行なった。

 1フロア1住戸で、専有面積は2階が163.5平方メートル、3階が153.2平方メートル。間取りはどちらも2LDK。2階は41.7畳、3階は39.2畳という広いLDKを確保し、立地特性を踏まえ、PPを分離し、SOHO使いもできる間取りとした。2階はウォールナット、3階はオークの6mmの無垢材を合板に貼ったものと大理石調のタイルを床材に使用し、雰囲気づくりに役立てている。窓のサッシはそのままに塗装等をして活用、一部窓にはインナーサッシを設置し、結露の発生などに備えている。
 3階住戸は、屋上のルーフテラスの利用もできるようにした。

 外壁はタイルの状況を確認し、一部張り直しを実施。また、共用玄関には新たにセキュリティ設備を導入したほか、モニター付きインターフォン、宅配ボックスなどを新設している。総事業費は約1億1,000万円。

 募集賃料は2階が120万円、3階が135万円(共益費・税金込み)。場所柄テレビ局に勤務する人やベンチャー企業経営者、外国人などを想定しているという。

2階住戸のLDK。天井高は、一番高いところで286mm
3階住戸入居者が利用できるルーフテラス。正面の高い建物は六本木ヒルズ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。