不動産ニュース / 開発・分譲

2023/12/6

コスモスI、ベトナムで住宅分譲に参入

ベトナム初弾物件の完成予想図

 (株)コスモスイニシアは6日、ベトナムでの分譲住宅事業参入を発表した。

 同社は1974年の創業以来、国内、特に首都圏を中心に住宅供給を行なってきた。今回、分譲住宅開発事業の拡大を目指し、生産年齢人口の割合が高く今後の住宅ニーズが期待できることや、GDP成長率も高いことを背景にベトナム・ホーチミン市および周辺エリアで分譲住宅開発事業を展開していくことを決めた。現地ディベロッパーのTT Capital Investment Joint Stock Companyと、日本発祥の不動産会社を目指して2020年に発足したKoterasu Partners Pte.Ltdと戦略的パートナーシップを締結した。

 初弾物件はホーチミン近郊のビンズオン省ディーアン市で取得。敷地面積1.6haの総戸数約2,000戸におよぶマンションで、ユニットタイプは1LDK~3LDK。24年第2四半期に着工し、同年第3四半期に発売する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。