不動産ニュース / IT・情報サービス

2023/12/8

スマートホームサービス拡販へ常設体感施設

「playground大手町」外観
50種類のIoT機器が配置され、シーンに応じて一括制御できる

 三菱地所(株)は7日、総合スマートホームサービス「HOMETACT(ホームタクト)」の体感施設「playground大手町」(東京都千代田区)を報道陣に公開した。8日オープンとなる。

 「HOMETACT」は、2021年11月にサービス提供を開始した、複数のメーカーのIoT機器を横断的に一括制御するシステム。オリジナルアプリやスマートスピーカーでエアコンやテレビ、照明、カーテンといった複数メーカーの幅広いIoT機器をコントロールできる。同社グループの開発物件(賃貸住宅・注文住宅など)だけでなく、国内のあらゆる住宅へサービスを提供し、スマートホームの普及を目指している。すでに同社の賃貸住宅「ザ・パークハビオ」4物件へ導入しているほか、パートナー企業を通じ、既存住宅等への導入も進めている。

 拡販に向け港区赤坂に自社の常設ショールームを設けているほか、販売提携先のショールーム等でもプレゼンテーションしてきたが、販売提携先や採用検討者が増えてきたため、常設の体感施設を設けることにした。大手町の施設は一般ユーザーが直接来場する場ではなく、同社やパートナー企業が採用検討企業等にサービス説明やデモンストレーションを行なう場として、導入決定後の機器選定や設計検討の場として提供する。

 同社の「大手町ビル」1階に開設。利用希望者が予約すると、予約時間に入口のスマートロックが解除される仕組み。広さは56平方メートル。リビングと寝室を模した空間に、エアコン、テレビ、お掃除ロボット、カーテン、照明、スピーカー、スマートロック、玄関オートロックなど50種類余のIoT機器を設置。スマートフォンのアプリや室内のコントローラーで操作できる。起床時・就寝時・帰宅時などシーンに合わせた設定や、オリジナルの設定に基づいた操作も可能。HOMETACT対応のスマートロックやデバイス、分電盤などの展示も行なう。

 このほか、11月29日にアプリへ実装したホームエネルギーマネジメント(HEMS)機能「HOMETACT Enargy Window」のプレゼンテーションも行なう。同社と資本業務提携しているmuiLab(株)が開発したもの。分電盤等からエネルギー使用量データを収集。あらかじめ設定したエネルギー使用量に対する成果をアニメーションで表現する仕組み。節約度合いに応じて、色の明度を鮮やかにすることで、暮らしとエネルギーの利用状況を直感的に理解できるようにした。

 同日会見した三菱地所住宅業務企画部新事業・DXユニット統括の橘 嘉宏氏は「HOMETACTを実装した住宅では、8割がアプリをアクティブに使用している。さまざまなサービサーと組みながら、さらに利用率を上げていく。今後の課題は商流。不動産会社や工務店等にエンドユーザーと同等のIoTに関する知見を身に付けてもらう必要がある」などと話した。

「HOMETACT Enargy Window」画面。エネルギー使用量が直感的に把握できるように、目標の達成度合いに応じてアニメが変化する

この記事の用語

スマートハウス

家庭でのエネルギー消費を最適に制御するシステムを備えた住宅をいう。ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)によって家電、空調給湯設備、太...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。