不動産ニュース / その他

2024/1/15

関内で都市型コミュニティの賃貸住宅/KJK

 神奈川県住宅供給公社は15日、建設中の賃貸住宅「フロール横濱関内」(横浜市中区)において、ヒト・コト・モノをつなぐ地域活性化プロジェクト「KANMATCH」を展開していくと発表した。

 同プロジェクトは、関内地区において、地域課題の解決に向けた調査研究事業や施設運営事業を数多く展開する関内イノベーションイニシアティブ(株)との連携協働事業。同物件で開催するイベント等を通じて賃貸住宅や商業・サービス施設の入居者や、まちに関わる人の間で“顔の見える関係性”を作りながら 「新しい都市型コミュニティ」の創出を目指す。両者は2023年6月に連携協定を締結。開業後1年間を社会実験として位置付け、さまざまな取り組みを行なっていく。プロジェクトの情報を発信するWebメディアも開設した。

 「フロール横濱関内」はJR根岸線「関内」駅徒歩約5分、みなとみらい線「馬車道」駅徒歩約4分など。建物は鉄筋コンクリート造地上13階地下1階建て。地下1~地上3階は商業・サービス施設、4~13階が賃貸住宅となる。

 具体的には、1階を“まちの共用部”として、イベントの開催やコミュニティ創出の拠点としていく。

 「フロール横濱関内」は4月に入居開始予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。