不動産ニュース / その他

2024/1/23

神谷町エリアでまち歩きアプリを提供/森トラスト

「MIALK神谷町」利用時イメージ

 森トラスト(株)は22日、三井情報(株)と連携し、2024年1月22日より、神谷町エリアのまち歩きスマホアプリ「MIALK(ミアルク)神谷町」を配信し、地域コミュニティの活性化に向けた実証実験を開始すると発表した。

 同社は18年、神谷町エリアにおいて「神谷町God Valley協議会」を設立。同エリアゆかりの29の企業・団体と共に、文化・スポーツ・芸術・歴史の普及から、新たな技術・研究・商品・事業開発まで、多角的なまちづくり活動を行なっている。

 「MIALK神谷町」は、同協議会加盟委員である三井情報が開発したまち歩きスマホアプリ。各施設へのチェックインや目標歩数の達成、画像やコメントの投稿など、さまざまなアクティビティで得られるポイントを、東京タワーや愛宕神社をはじめとした計31の提携店舗・施設で利用可能なクーポンと交換できる。

 実施期間は24年4月30日まで。期間中、神谷町エリアの来訪者であれば誰でも利用可能とし、ユーザー数や拠点チェックイン数、クーポン利用数等のデータにより、まちの回遊誘発効果や経済効果、回遊のモチベーションとなる事柄を検証する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。