不動産ニュース / 開発・分譲

2024/2/8

原宿・神宮前に「ハラカド」、4月17日開業/東急不

「ハラカド」外観

 東急不動産(株)は8日、「東急プラザ原宿『ハラカド』」(東京都渋谷区)を4月17日に開業すると発表した。

 物件の概要については、過去のニュースを参照。2023年8月31日に竣工している。

 「多様な人々の感性を刺激する、新たな原宿カルチャーの創造・体験の場」として整備。感度の高いヒト・モノ・コトと出会う・つながる・体験する・楽しむ、を掛け合わせることで、新しいカルチャーの創造・体験につなげる施設とする。
 3階を、文化創造・発信拠点の中心的役割を担う「クリエイターズプラットフォーム」とし、会員制のクリエイティブラウンジ「BABY THE COFFEE BREW CLUB」、角打ちスタジオ「STUDIO SUPER CHEESE」、(株)博報堂ケトルのソーシャルクリエイティブ専門スタジオ「STEAM STUDIO」などを設け、個人・企業のクリエイティブ活動をサポートする。併せてコクヨ(株)の「COPY CORNER」、カンロ(株)の「KanroPOCKeTラボ」が新業態でコラボレーション・コミュニケーション拠点としてオープンする。
 5・6階、および7階の屋上テラスは、「原宿のまちの食堂」として23店舗の飲食店舗が出店。さまざまな料理を提供する。
 4階はフロア全体を「ハラッパ」と題し、自然やサステナブルを感じられるコンテンツを、国籍や性別、年齢にかかわらず体験・楽しめる場所として運営していく。
 地下1階および1~2階は、ECサイトや地方で展開していた物販やサービス店舗が集積する。

 さらに、地下1階、地上2階、7階屋上テラスでは、それぞれ発信力の高い体験型メディアを展開する計画。ポップアップやOOH(屋外広告)単体ではなく、イベントやサンプリングも併せて提供するメディアを新設・活用していく。
 この3つの体験型メディアは、斜め向かいの「東急プラザ」(「ハラカド」開業日に「東急プラザ表参道『オモカド』」に改称予定)とも連動、年間8,900万人が往来する神宮前交差点の前で、メディアと体験による新たな価値を来街者・事業者双方に提供。相乗効果を生み出す計画。

3階に開設されるソーシャルクリエイティブ専門スタジオ「STEAM STUDIO」イメージ
7階の屋上テラスイメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。