不動産ニュース / 仲介・管理

2024/2/16

地所レジ、新栄に中部エリア初の賃貸レジ

「ザ・パークハビオ新栄」外観

 三菱地所レジデンス(株)は16日、賃貸住宅ブランド「ザ・パークハビオ」の中部エリア初物件となる「ザ・パークハビオ新栄」(名古屋市中区、総戸数140戸)の入居を開始した。

 同物件は、名古屋市営地下鉄東山線「新栄」駅徒歩10分に立地する、鉄筋コンクリート造地上15階建ての賃貸マンション。1月17日に竣工済み。

 三菱地所(株)が提供する総合スマートホームサービス「HOMETACT」を標準装備。玄関の鍵、電動カーテン、照明、風呂給湯、エアコンなどをアプリやスマートスピーカーで操作できる。また、メインエントランスにDXYZ(株)の顔認証システムを導入。入居者は顔をかざすだけでエントランスを解錠・通過できる。

 住戸は、1K~1LDK、専有面積約26~45平方メートル。居室天井高を2,500mm(5~15階)、2,700mm(2~4階)と高くし、アウトフレーム工法で居室内の空間を広く使えるようにした。また、2~4階の住戸は天井仕上げ材に三菱地所グループのMEC Industoryが製造・販売する「MIデッキ」を採用。鋼製デッキと木を一体化したもので、現し施工により天井高を上げ、木のぬくもりが感じられる空間とした。

2~4階住戸は「MIデッキ」により天井を木の現し仕上げとしている

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。