不動産ニュース / 仲介・管理

2024/3/6

リバブル、AI査定システムが特許取得。外販も視野

 東急リバブル(株)は5日、(株)Rist(京都市下京区、代表取締役社長:長野 慶氏)と共同開発した「不動産の価格査定AIシステム」が特許を取得したと発表した。

 同システムは、東急リバブルの査定担当者によるものと同等水準の査定価格が算出できるものとして開発。査定業務の高いレベルでの標準化や業務時間の短縮を実現している。AIモデルの作成については、東急リバブルの査定データ1,000件超をAIに学習させることで、一般的な査定ルールの適用と、査定担当者の経験則による判断を両立。誤差率の中央値はマンション版で1.98%、土地戸建て版で3.88%と高い査定精度となった。

 東急リバブルは、新築マンション買い替え時の所有不動産売却に関する相談に同システムを活用。22物件で320組超の顧客が利用してきた。今後については、外部へのサービス提供も視野に同システムの活用方法を検討していく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

価格査定

不動産の売却を媒介する場合に、依頼者に助言するなどのため取引価額を算出する行為をいう。この場合にその根拠を示すことが必要で、標準的な手法によって取引事例を比較検討し、客観的で実際的な成約見込額を算出しなければならないとされている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。