不動産ニュース / 団体・グループ

2024/4/1

「ビル経営管理講座」の受講者を募集

 (一財)日本ビルヂング協会連合会 日本ビルヂング経営センターは1日より、「ビル経営管理講座」の受講者募集を開始した。

 優れたプロパティマネージャーを養成することを目的に開講するもので、賃貸オフィスビルの「企画・立案」、「賃貸営業」、「管理・運営」の3科目で構成。ビル経営管理に従事する人が、ビル経営の基本知識から最新の専門知識まで、「ビル経営管理」の実務を体系的に習得できる教育システムとしている。

 3科目7冊のテキスト(製本版および電子ブック版)とWebでのeラーニングの自主学習を中心とする通信教育講座。eラーニングのみのオンラインで完結し、集合研修等への参加も不要。

 申込受付期間は6月30日まで。6月1日に開講し、受講期間は9月まで。修了者は「ビル経営管理主任」の称号が与えられ、ビル経営管理士試験の「総合問題」科目が免除される。またビル経営管理士の資格登録における実務経験の必要年数も短縮される。
 さらに、本講座を修了後、当センターが実施する「小規模不特事業講座」を受講し、修了することにより、小規模不動産特定共同事業の業務管理者の条件を満たすこととなる。

 詳細・申し込みはホームページを参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。