不動産ニュース / 調査・統計データ

2024/4/1

三友地価予測指数、商業地は三大都市圏に加え地方圏も上昇

 (株)三友システムアプレイザルは1日、「三友地価予測指数」(2024年3月調査)を発表した。

 同社と提携する不動産鑑定士161名を対象に調査。商業地、住宅地ともに地価の先行指標となり得る高度利用地を前提とし、地価の動向を上昇(100)・やや上昇(75)・横ばい(50)・やや下落(25)・下落(0)の5段階の指数で評価した上で、指数ごとに回答者比率を乗じて加算している。調査期間は2月1~29日。

 商業地指数の「現在」(過去6ヵ月の推移を踏まえた現時点における地価の趨勢)については、東京圏82.4(前回調査比1.5ポイント上昇)、大阪圏79.5(1.4ポイント上昇)、名古屋圏81.8(2.6ポイント上昇)と、すべての圏域で上昇傾向が強まっていることが分かった。また、地方圏でも74.0(同4.0ポイント上昇)と上昇傾向は拡大している。コロナ禍の収束に伴う外資系ホテルの進出等が影響している可能性があるとしている。
 「先行き」(6ヵ月先の地価の趨勢)については、東京圏66.8、大阪69.9、名古屋圏56.8。

 住宅地指数の「現在」は、東京圏は79.7(同0.1ポイント上昇)、大阪圏が74.3(同3.8ポイント上昇)、名古屋圏が75.0(同4.2ポイント下落)となった。大阪で上昇傾向が強まっているに対し、名古屋圏では上昇傾向が弱まりつつある。大阪圏では来年の大阪・関西万博に向けて都市公園等のまち並みの整備が進められているのに対し、名古屋圏ではリニア中央新幹線への期待感がやや薄らいでいることが影響している、と指摘している。
 「先行き」は、東京圏61.4、大阪圏62.6、名古屋圏50.1。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。